ロゴ

受験の心構えとは

勉強道具

親が子供をサポートしてあげる

中学受験は子供が主役になるのですが、親のサポートもかなり重要です。子供に勉強をさせるだけでなく、できる限りのことはやってあげましょう。積極的に話しかけたり、家族の時間を大切にすることも大事だと言えます。

早い時期から塾を利用しておく

小学6年生から塾を利用するよりも、早めに利用しておいたほうが中学受験に成功しやすくなります。対策に時間がかかる問題などもあるので、それらを解くためにも早めの対策が必要になるようです。なるべく小学4年生くらいから塾を利用しておきましょう。

親は子供に対して無理やり勉強させない

勉強というのは無理やりやらされても成績は伸びません。子供が自発的に取り組むことで成績は向上していくものです。それを強制的にやらせていると、高確率で中学受験に失敗してしまうでしょう。子供の気持ちを尊重してあげることも大切です。

習い事は勉強と同じくらい重要

中学受験のために勉強をするのは大切ですが、習い事を辞めさせる必要はありません。勉強に直接関係ない習い事でも、今後の人生に関わる内容になるかもしれません。小学5年生までは習い事をさせていても大丈夫です。

志望校は高めに設定しておく

志望校を低めに設定しておくと、そのレベルに合わせた勉強しかしないので、レベルの低い学校にしか入学できなくなります。今の学力よりも少し高めの学校を志望校にしておくことで、学力が伸びやすくなりその学校に入学しやすくなります。

塾選びは重要です

早い時期から塾を数年に渡って利用するのであれば、塾選びは慎重に行ったほうが良いでしょう。間違えて利用してしまうと、再び塾を探すことになります。探し方はたくさんあるので、それらを参考にして自分に合っている方法を利用しましょう。

塾選びに関するQ&A

塾に通うのはいつ頃がいいですか?

中学受験を視野に入れるのであれば小学校低学年頃から通うのが望ましいです。早ければ早いほど中学受験に成功しやすくなると思います。子供の年齢を確認しつつ、自分の意思でやりたいのであれば塾に入るといいです。

毎月の月謝など費用を教えてほしい

塾によって月謝の金額は少し変わりますが、だいたいの相場は決まっています。相場は月1万円から2万円程度になっているのが一般的です。この金額よりも高すぎたり安すぎる場合は少し気を付けたほうがいいと思います。

塾の授業形態を知りたい

大手や中小の塾など規模はさまざまあり、指導方法に関しては集団と個別にわかれます。どちもメリットがあるので、合っているほうを選んで利用しましょう。最近では個別指導の塾を利用する人も増えており、講師の質を重視する人が多いと言えます。

塾を選ぶときのポイントは?

講師の教え方や進路指導の適切さなどが重要になるのですが、自宅からの距離も大事です。自宅から遠いような塾に通ってしまうと、時間が無駄になってしまうでしょう。勉強時間の確保が大切になるので、適度な場所にある塾を選びましょう。

塾の探し方を教えて欲しい

探し方は人それぞれですが、口コミが一番信用しやすいと思います。友人や知人がおすすめできるような塾であれば、入った後に後悔しにくくなります。その塾を利用して志望校に合格した先輩などに話を聞くと良いでしょう。

広告募集中